フラワーショップ主催のお花を愛でながらワインを楽しむ会に参加してきました🌹今回のテーマは薔薇!
薔薇に囲まれながら、白・ロゼ・赤 お食事をいただきました。
☆薔薇とワイン・・・レッドウォーリアーズを思い出してしまいます♪

フラワーショップ奥のカフェはお花と緑で溢れていて、とても癒される空間でした。最初に白が注がれ薔薇のレクチャーを聞きながらいただきます。
薔薇の歴史、お土産に配られる3種についての説明、生け方のアドバイスなど。
薔薇は品種改良が多く、品種の数は果てしなく多いそうです。配布される薔薇も近年に品種改良によってできた品種で、いわゆる基本的な薔薇とは違い、花の花芯が緑色だったり、1輪花ではなくスプレー花(複数の花が咲く)で、これも薔薇?と思うような品種もありました。お花の世界は果てしなく広いと思います。でもお花って不思議で、眺めているだけで心が和みます。

薔薇は香りがない方が強いそうです。香りはいわゆる受粉を促す作用なので香りが強い花は昆虫を引き寄せて頼るしかありません。しかし香りがない花は自身の生命力もあるので、そこまで香りを出さずにもやってのける生命力がある!ということです。私は香りがよい薔薇の方が魅力的だと思っていましたが、その話を聞いて香りがない薔薇の強さに惹かれました。自分もその強さを持ちたいと!

お花のレクチャー後は、ロゼと赤が注がれ食事をいただきながら、テーマに基づいたワインの話を聞きます。今回は薔薇に合わせてフランスのお話でした。
各地方の説明と先生のプチ情報が勉強になりました。
中でもブルゴーニュ地方に近いボージョレ地方のワインは、ブルゴーニュほど高くはなく、でも2時間ほどの距離なので土壌の差もさほどないのに、ブルゴーニュブランドにはならないので、お得で美味しいからオススメ!というのを聞き、
ボージョレの白を飲んでみたくなりました♪

こちらの先生はご自身で買い付けをされていて、女性が喜ぶ美味しくて手頃なワインを紹介してくださいました。(お花の会の参加者は全員女性)
先生の話は教本とも違い、頭に入ってきやすくて、やっぱり対面でお話を聞くのが1番勉強になると思いました。
お花もいただけて、お食事も食べられる会なので、また来月も参加してきます♪